PICK UP記事一覧
film
スポンサーリンク

意図を現実化させる技法、スライド技法についてのまとめ

film

 

前回の記事

リアリティ・トランサーフィンまとめ5 願望実現のカギ・意図とは?

 

では、願望実現の為には、意図を持つ必要があると説明しました。

それも「外的意図」と呼ばれる、魂・潜在意識レベルで

あなたの願望を所有する決意が必要なのだ。

というまとめでしたね。

 

今回は

 

それなら具体的にどんなことをすれば、意図が現実になっていくのか?

 

その具体的な手法を見ていきましょう。

 

※可能であれば実際にリアリティ・トランサーフィンの書籍を読んでみることをおすすめします。
実際のリアリティ・トランサーフィンの書籍はこちらから

 

トランサーフィンでもイメージが重要!引き寄せの法則とは違うアプローチのスライド技法!

 

引き寄せの法則で、「イメージング」の大切さを知った人は多いかと思います。

 

引き寄せの法則をご存知ない方に簡単に説明すると、

 

自分のなりたい姿や欲しい物をイメージして、
ワクワクする気持ちでいると、
そのイメージは現実になる。

 

というメソッド(技法)が有名になりました。

 

このメソッドで現実に願望をかなえた人もいたかと思いますが、
うまくいかない人もたくさんいました。

 

リアリティ・トランサーフィンでも、このイメージングに近い概念の

スライド技法

という技法が願望成就のために紹介されています。

 

 

しかし当然、

引き寄せの法則には無い部分の説明もされています。

 

スポンサーリンク

 

スライド技法の前に、フィルターのお話。

 

この世界は

あなたの見るフィルターを通して

あなたの目の前に映し出されます。

 

良くある例えですが、

水が半分入っているコップがあります。それを見て

 

  • Aさんは、ああ、もう半分しか水が無い
  • Bさんは、ああ、まだ半分も水がある

 

と、真逆の考えに至る二人がいたと仮定しましょう。

 

この二人がみている水の物理的量は全く同じです。

しかし、

この二人のフィルターが違うので真逆の感想をもつのです。

 

Aさんはネガティブなフィルターをもち、
Bさんはポジティブなフィルターを持っているのです。

 

スライドとは「イメージング」の事

 

リアリティ・トランサーフィンでは、フィルターを前提として、
とくに視覚化されたフィルター、もしくはイメージの事を

スライド

と呼んでいます。

 

映画のフィルムのスライドから想起した言葉でしょうか?

 

このスライド技法が引き寄せの法則でいう「イメージング」なのですが、

 

要は、

 

あなたの理想とする世界を視覚化して感じましょう

という事です。

 

このスライドは「あなたの頭の中にしか存在しません

 

コップを見て、水が半分しかないと思ったAさんにはAさんにしか見えない
フィルター、スライドがあるのです。

 

リアリティ・トランサーフィンではこのスライドを

ポジティブなものにしましょう。

と説いています。

イメージングが上手くいかない理由?スライド技法(視覚化)の3つ違い

 

自分の願いが叶ったところをイメージしましょう!
そうすれば現実化されますよ!

これが引き寄せ系でよく言われるイメージングの説明ですが、
リアリティ・トランサーフィンでは明確に

 

スライド技法として意味のないイメージングがあるとしています。

 

イメージングは大きくこの3つに区分できます。

  1. 夢想
  2. 映画を見るようにイメージングする
  3. そのイメージに実際に住む

これがそれぞれどう違うのか見てみましょう。

 

1.夢想は「ぼんやり」と理想をイメージングする

 

あーお金持ちになりたいなぁ。
収入が10倍になったら生活が楽になるなぁ。
借金から解放されたいなぁ。

 

あくまでも一例ですが、こんな感じでぼんやり望む将来を
思い描くことを、トランサーフィンでは

「夢想」

と呼びます。

これには現実化させる力はありません。

 

本書では

ホームレスがクリスマスの夜に、温かい食卓を囲む
裕福な家庭を、窓から覗き込んでうらやましがる。
しかしそのホームレスにはその幸せな家の扉が開かれることは無い

とかなり辛辣に書かれています。

 

しかし、残念がら確かにその通り。

夢想にはあなたを望むバリアント(世界)に同調させる
力は一切ないのです。

 

2.内的意図で映画をみるようにイメージングをする

さて、前回の記事で、望みをかなえるには
純粋な意図が必要と書きました。

 

あなたは幸せな生活を”内的意図”を持ってイメージングします。

 

内的意図については前回の記事

を読んでみてください。

 

これは映画を見るようなイメージングです。

 

あなたは素敵なマイホームが欲しいと仮定して、
一生懸命素敵なマイホームをイメージングします。

 

大きいリビングには暖炉があって、ふかふかのソファがあって
かわいいワンちゃんがのんびりお昼寝をしている…

 

詳細に事細かく望むマイホームをイメージしていきます。

 

こんなイメージングはきちんと現実化します。

 

ただし、あなたには与えられません。
他の誰かがそのイメージのお家に住みます。

 

とても残念ですが、このイメージングには
大切なもの
が抜け落ちてしまっているのです。

 

3.イメージに実際に住む事で、外的意図があなたを望むバリアントに運んでくれる

あなたの願望が現実化するためには、あなたは

外的意図

を発生させる必要があります。

 

これこそが、リアリティ・トランサーフィン

ひいては

引き寄せの法則、思考は現実化する
などの自己実現のための技法の奥義です。

 

外的意図とは、”所有する意図”の事です。

 

そう、あなたはあなたの望む素敵なマイホームに
”実際に住む”
必要があるのです。

 

大きいリビングにある暖炉の暖かさを、
ふかふかのソファに寝転んだときの心地よさを、
可愛いワンちゃんを撫でた時の肌触りを

 

五感で実際に感じて、こころから喜びに満ちる。
なおかつ、それは「当たり前」の事で、

そこには何の重要性もない。

 

今の日々の当然の延長にある生活

所有する事を意図している状態

 

このように感じることが出来た時、
あなたの外的意図、すなわち

”所有する決意”

はあなたの世界を動かし始めるのです。

 

イメージングが現実になるまでのタイムラグ、タールとは?

 

リアリティ・トランサーフィンにはほかにも

プロセスの視覚化
フレイル

などのオリジナルな技法、説明がありますが、

ここでは割愛します。

 

特に重要なスライド技法で覚えておいてほしいのは

 

この現実世界では、願ったことは遅れて現実化される

 

という事です。

 

タールの海を泳いでいる姿を思い浮かべてください。

 

あなたの願いは思考上では即実現されます。

しかし物理世界で現実化されるには時間が必ずかかります。

 

これはいいことなのです。

 

もしあなたが「死にたい」と願い、魂と理性が一致してしまったら?

即死です。思い直すことはできません。

 

良くも悪くも、あなたの望む世界がやってくるのには
時間がかかる事を覚えておきましょう。

 

どの位の時間がかかるのかは、

  • あなたの魂と理性の一致度や
  • 振り子からの身のかわし方、
  • 重要度をどれだけ放り投げられているか

 

など、様々な要因があるので一概に言えませんし、それが当たり前ですよね?

(LOAスレではこの当たり前すらインチキだと否定する人がいました)

 

あなたがするべきことは、

重要性という過剰ポテンシャルを持つことなく
ポジティブなスライドをあなたの中に作り上げ、
その中に実際に住む位のリアリティを感じる事
そしてそれを所有する決意を持つこと

 

という事になります。

 

きっとイメージングで願いが叶ったという人は
知ってか知らずか
所有する決意までのイメージングができていたのでしょう。

 

あなたは具体的な言葉で、スライド技法を知ることができました。

 

後は実践するだけです。

 

一円もかかりませんし、一日何時間もする必要もありません。

 

実践しない理由は無いのです。

 

本当に所有する決意があるのならば。

 

スポンサーリンク

次回は目的地を間違えないために、魂と理性の一致について

次回の記事でリアリティ・トランサーフィン第2巻の
まとめは終わります。

一つ、次のブログを読むまでの時間に、宿題を出したいと思います。

 

あなたは、あなたの願望が現実化したら、本当に幸せですか?

 

次回のブログで一緒に答え合わせをしてみましょう。

 

プッシュ通知登録をお願いします。

このシリーズが終わるまでは、おそらくブログの更新頻度も上がると思います。

最新記事が更新されたら、プッシュ通知であなたにお知らせを届けることができるようにしました。

メールアドレスの登録とか面倒なことは必要ありません。

ぜひ、お知らせを受け取るボタンでプッシュ通知登録をお願いします。

次回のブログもお楽しみにしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事