PICK UP記事一覧
game
スポンサーリンク

今日はとってもシンプルな話。苦しくなったら気晴らしをしましょう

game

この記事

の記事でも書きましたが、

あなたが動けなくなるくらい深く落ち込んでいるなら

寝てしまうのが一番です。

 

しかし、そんな落ち込んでいる状況で寝てしまえ
というのもなかなか難しい。

という事はよくわかっています。

 

ちなみに私は死にたくなるほど苦しい思いをしていたとき
異常な眠気に毎日襲われていました。

 

恐らく本能が、眠ることで心のバランスを取り戻そうと
していたのだと思います。

 

その後私の人生は、ありえない程好転するのですが、
それもこの

どん底の期間をなんとか乗り切ることができたから

だと思っています。

 

もしあなたがどん底で死にたいくらい辛いなら
眠ることをおすすめしますが、

眠る事ができないような状況なら
気を紛らわしましょう。

 

すこし心が軽くなれるような
そんな気晴らしになりそうなヒントをシェアします。

 

私がオーダーメイドでパワーストーンを購入したSHOPフォレストブルー

瞑想用キャンドルも販売しています。

 

1 お笑いを見る。

実は私は普段あまりお笑いを見ません。
しかし、どん底の時に

引き寄せの法則

 

を知ってまず試したのは、

「波動を変える」

ことでした。

 

いつまでもどん底の波動にいたらダメなんだ。

という事に気が付き、

意図的に明るい波動になるよう
行動し始めました。

 

そんな中、「お笑い」を見て笑うというのは
かなり効果がてきめんでした。

 

実はこれは大きな前例があります。

 

ロックバンド、ブルーハーツのボーカル甲本ヒロトさんが
自殺をしようとしたときに、

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで
という番組を見て自殺を思いとどまった。

という話があります。

 

ブルーハーツの「日曜日の使者」は
ダウンタウンの事を歌った歌だという噂があります
(ガキ使は日曜日の夜に放送されている番組です)

 

本当かどうかはわかりませんが、実際私は
お笑いに癒されました。

 

お笑いでなくても、映画や動画をぼーっと見るだけでも
かなり気分転換になるでしょう。

 

Huluをその当時は私はよく見ていました。

月額制で動画見放題なので気晴らしにはぴったりです。


ガキ使も見放題なのでおすすめです。

無料トライアル期間があるので試してみてはいかがでしょう?

 

2 読書をする

あなたが本を読む気力があるのなら、
読書は気晴らしにはお勧めです。

このサイトをみる気力が有るという事は
軽い読書位なら出来ると思います。

 

もしどんな本を読んでいいのかわからない!

と思うのであれば

 

この2冊がおすすめです。

かなりあなたの救いになると思います。

 

私のサイトでもさんざん、引き寄せの法則については
解説や紹介をしていますが、

やはり原書を読むのはかなり為になりますし、
大きく力をもらえます。

 

文字を読む気力がない。

という人は、ザ・シークレットはDVDも出ています。

動画のザ・シークレットはかなり躍動的に

引き寄せの法則を説明してくれるので、本を読んだことがある人にも

おすすめできます。

 

 

3 シンプルなゲームをやってみる

人は何か単純作業をしているときには、

雑念が消えて瞑想をしている状態とほぼ同じような
脳波になる。

 

という研究結果もあるようです。

本当は掃除や炊事をお勧めしたいのですが、
気が滅入っているときにはなかなかできないですよね。

 

なので

本当にシンプルなスマホゲームをやってみる。

というのがおすすめです。

 

あまり頭を使わずに、なおかつ勝ち負けなどはない
シンプルなゲームが良いと思います

  • ツムツム(キャラがディズニーでかわいい)
  • テトリス(そこまで難しくないパズルゲーム)
  • ポケモンGO(散歩もできるので一石二鳥)

などはおすすめです。

 

絶望している時には気持ちを切り替える必要がある。

 

今回私が紹介した、上記のものでなくても

  • 好きな音楽を聴く
  • 美味しいお茶を飲む
  • 散歩をする

などあなたが一番楽しめるものでいいのです。

ポイントは
今の絶望的な感情から一歩だけ前進する事
そのためには本当に楽しいと思える気晴らしをする事

これに尽きるのです。

 

もちろんこのサイトの記事をいろいろ読んでみる
でもいいのですよ。

もしあなたがこのサイトの何かの記事で癒されるなら
私はとてもうれしいです。

 

プッシュ通知登録をお願いします。

最新記事が更新されたら、プッシュ通知であなたにお知らせを届けることができるようにしました。

メールアドレスの登録とか面倒なことは必要ありません。

ぜひ、お知らせを受け取るボタンでプッシュ通知登録をお願いします。

次回のブログもお楽しみにしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事