PICK UP記事一覧
幸せになる為の3つの実践ワーク
幸せになる為の3つの実践ワーク
スポンサーリンク

今日から簡単に出来る!幸せになる為の3つの実践的ワーク

幸せになる為の3つの実践ワーク

幸せになる為の3つの実践ワーク

 

このブログで、約3ヶ月に渡って、

生きるのが苦しくなるほど辛い時に、幸せになる方法を見つけるためのヒント

を解説してきました。

 

 

多くの事柄は自己の内面のあり方で決まる。

 

この基本的な事実をまず認め、理解することが非常に重要です

引き寄せの法則も、思考は現実化するも、数々の偉人の名言も

この自己の内面が人生の幸せを呼び寄せる。という大原則に則っています。

 

でも、このブログを読む皆さんは、

 

実際に自分も幸せを体験したい!

 

と願っていると思います。

 

 

なので今日は、今までのブログでお伝えしてきたことを振り返りつつ、

簡単に出来る日々のワークを3つご紹介します。

 

私がオーダーメイドでパワーストーンを購入したSHOPフォレストブルー

瞑想用キャンドルも販売しています。

1.視点を幸せに集中させる。

この内容は以下の記事が参考になります。

 

ポイントをまとめますと、

 

あなたはすべての瞬間で、自分がフォーカスした事柄を潜在的に選び取っている

 

ということなのです。

なので幸せになりたいのであれば、意識的に幸せにフォーカスをすればよいのです。

 

そこで日々のワーク、一つ目です。

 

毎朝、一日の始まりに「私は今日もHAPPYだ」と口に出す

 

この言葉は他の言葉でも良いです。自分が幸せになれると思える言葉を口に出しましょう

 

注意点ですが、

必ずポジティブな言葉を選択してください。

 

ダメなのは

  • 今日私には嫌なことは起こらない
  • 今日私は不幸から遠ざかる
  • 今日も私にはアンラッキーを回避できる

 

などです。不幸が起こらない。などのネガティブを否定するような言い回しは逆効果です。

なぜならメインテーマがネガティブな事柄だからです。

あなたの潜在的な意識は、メインテーマをピックアップします。この言い回しだと、ネガティブなことにフォーカスしているので危険です。

 

幸せ・HAPPY・幸運・楽しい一日

 

などのポジティブな言葉をメインテーマに据えましょう。

 

 

2.フォーカスした事柄を定期的に思い出す

この内容は以下の記事が参考になります

 

ここでのポイントは、

自分が常に幸福にフォーカスをしているか、定期的に自己観察をする必要がある

ということです。

 

あなたは、日々の生活の中で、仕事をしたり、食事をしたり、友人と話をしたり。

様々な多忙な日々を過ごします。

 

そんな中、幸福にフォーカスをしようとしても、ついいつものネガティブな感情に揺り動かされる事の方が多いのです。

 

ですから、

あなたは自分がポジティブなことにフォーカスをしているかどうか、時折思い出す必要があるのです。

 

でも時折思い出すといってもなかなかうまくいかないもの。そこでアンカリングという技術が効果的なのです。

 

ここで日々のワーク、2つ目です

普段身につけているアクセサリーを触るたびに、幸せを探す事を思い出す

 

女性であれば毎日するアクセサリーがあると思います。男性なら腕時計などいいですね。

私はパワーストーンでこれをやりました。

 

アンカリングとは、何かの行動をきっかけにして、自分の状態を整える行為の事です。

 

今回はあなたの普段身につけているアクセサリーや時計などをアンカリングの材料にします。

 

普段雑多なことに気を取られてしまう毎日でも、自分の身につけているものに触れた瞬間に

幸せにフォーカスする事を意識付ければ良いのです。

 

島田紳助さんの名言の常にアンテナを張っているやつが成功する

 

このアンテナを張るために、アンカリング効果を利用しようというものです。

 

もしあなたがアクセサリーお持ちでないのならパワーストーンをおすすめします。

パワーストーンに自分のポジティブな想いを増幅してもらうのも良いのかもしれません。

私は最近、フォレストブルーというパワーストーンSHOPで、オーダーメイドのパワーストーンを作りました。
フォレストブルー

値段もリーズナブルで好みのパワーストーンが作れるので、おすすめします。
良かったらサイトを覗いてみてください。

3.過剰な想いになりすぎない様に、力を抜く(過剰ポテンシャル)

この内容は以下のが参考になります。

 

 

ポイントを要約しますと

強すぎる想い入れは過剰ポテンシャルとなり、逆の方向に揺り戻される。

 

と言うものです。

 

感情を無理矢理にポジティブな方向に持っていかなければ!なにがあってもポジティブにならなければ!

どうしても幸せにならなければいけないんだ!今すぐお金が必要なんだ!

 

などの執着の状態でのポジティブへの想い入れは危険です。

波の満ち干きのように、一気にどちらかに想いが傾くと、揺り戻されるのです。

 

あなたは定期的に、あえて気持ちを落ち着かせて執着を手放す必要があるのです。

 

そこで3つ目のワークです

眠る前に、気持ちを落ち着けて「一日お疲れ様、ありがとう」 と唱える。

この時のポイントは、ポジティブなものにありがとう。というのではない。ということです。

 

単純に、シンプルに、今日という一日すべての事にありがとう。と一言だけ言うだけで良いのです。

そこに力を込めてはいけません。明日も良い一日にしてみせる!などの熱を込めては駄目です。

 

逆にネガティブなことを無理やり感謝する必要もありません。

 

ただすべての事象に対してありがとう。と気持ちをリラックスさせて言うだけ。

 

これだけでいいのです。

 

 

3つのワークをまとめ

私が提案した3つのワークをまとめてみます。

 

1.毎朝、一日の始まりに「私は今日もHAPPYだ」と口に出す 。
2.普段身につけているアクセサリーを触るたびに、幸せを探す事を思い出す。
3.眠る前に、気持ちを落ち着けて「一日お疲れ様、ありがとう」 と唱える。

 

この3つだけです。全く苦労も大変なこともありません。

 

これを21日間だけ続けてみてください。3週間行うと、人間の行動は習慣になると言われています。

 

そしてよかったらこのワークを続けてみた成果をコメントなどでシェアしてもらえたらうれしいです。

 

必ず何かのきっかけに出来るはずです。

 

何かあればコメント欄にてご質問ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事